横浜から金沢へ新幹線で行くには?-ルート・料金・おトクな乗り方まとめ

横浜から金沢へ新幹線で行く方法と、おトクな手段をご紹介します。

横浜から金沢へ行くには、東京駅から北陸新幹線に乗るのが一般的です。横浜から金沢まで3時間10分~4時間くらい。他に新横浜から東海道新幹線→米原から特急「しらさぎ」っていうルートもありますけど、もうちょっと時間がかかります。

まずは横浜から東京へ

横浜から金沢へのアクセスは、北陸新幹線が金沢まで伸びたおかげでだいぶラクになりました。東海道線などで東京駅まで行って、北陸新幹線に乗りかえて金沢へ……っていうルートが速くて便利です。

横浜駅からなら、東海道線がいちばん速いでしょう。東戸塚みたいに横須賀線しか止まらない駅からなら、横須賀線でも東京駅まで行けますけど、ホームが地下5階なので乗りかえに時間がかかります。

関内とか磯子など根岸線の駅からの場合、横浜で東海道線に乗りかえてもいいですけど、そのまま乗っていっても10分ちょっとしか変わらないので、急ぎじゃなければ乗りかえないほうが便利ですね。鶴見あたりからの場合はなおさら。

金沢への新幹線 - 乗り方と選び方

東京駅に着いたら、北陸新幹線に乗りかえます。駅が広くて、乗りかえ改札がいくつもあって分かりにくいので、とにかく「北陸新幹線」って書いてある看板を探して乗りかえ改札に向かってください。東北・北海道新幹線とか上越新幹線と同じ改札です。

もし新幹線のきっぷを持っていなくても、改札内に窓口や券売機があるので、一旦改札を出る必要はありません。

乗りかえ改札を入ったら、ホームが2つに分かれているので、電光掲示板を見て、きっぷに書いてある新幹線が発車するホームを確かめてから上がってください。自由席のきっぷには列車名は書いていないので、最初に発車する金沢行きのホームを調べます。

金沢に行く新幹線は、「かがやき」と「はくたか」があります。「かがやき」のほうが速いので、基本的にはおススメですけど、昼間に走っていない時間帯があるのがネック。あと「かがやき」には自由席がないので、きっぷを取れなかったら乗れません。

新幹線に乗りこんだら、あとは金沢に向けて一直線。どの新幹線に乗っても金沢が終点なので、降り遅れる心配もなくて気楽ですね。「かがやき」なら2時間半くらい、「はくたか」だと列車によって3時間~3時間20分くらいで金沢に着きます。

横浜→米原→金沢っていうルートもあります

横浜から金沢に新幹線で行くには、もう1つルートがあります。新横浜から東海道新幹線で米原へ→特急「しらさぎ」で金沢へ……っていうルートです。横浜から金沢まで4時間ちょっとかかります。

北陸新幹線ルートより時間がかかるし、ふつうにきっぷを買うと北陸新幹線ルートより高いので、メリットなさそうですけど、旅行会社のフリープランだと逆に安くなる場合もあるんです。

まずは新横浜駅へ。横浜駅から移動するなら、横浜線と地下鉄の2通りあります。

横浜線は、横浜駅から直通の電車があればいいですけど、ない時間帯は、京浜東北線に1駅乗って、東神奈川で乗りかえなきゃいけません。地下鉄は途中の乗りかえはないですけど、駅が地下なので、横浜駅や新横浜駅の乗りかえに時間がかかります。一長一短ですね。

新横浜駅の新幹線の乗り場は3・4番線。1時間に1本、米原に止まる「ひかり」があるので、これに乗るのが最速です。米原での接続もスムーズにできています。

2時間くらいで米原到着。着いたら、特急「しらさぎ」が発車する5・6番のりばに行ってください。だいたい1時間50分くらいで金沢に到着です。

金沢に着いたら

駅のまわりに集まっている宿に直行する以外は、最低でも1~2キロ移動することがほとんどなので、バスやタクシーでの移動になります。新幹線改札を出て右の出口を出ると、左がバスターミナル、右がタクシー乗り場です。

宿や店が集まっている「北陸最大の繁華街」片町・香林坊エリアや、人気観光スポットの兼六園・金沢城・ひがし茶屋街へ向かうバスが頻繁に走っていて便利です。ただ、路線も乗り場もいっぱいあるので、乗り場マップとかバス停の表示を確認してください。

金沢駅のまわりの宿に泊まる場合、中にはバスターミナルと反対の「金沢港口」側にある宿もあるので、泊まる宿がどっち側なのか、駅を出る前に確認しておくといいですね。

横浜~金沢の通常運賃・料金は?

  指定席利用時(通常期) 自由席利用時 グリーン車利用時
北陸新幹線ルート 14,600円 14,070円 19,900‬円
東海道新幹線ルート 15,970円 15,180円 23,380円

※2021年2月現在
 東海道新幹線ルートの場合
 ・新幹線と特急で同じ席種を利用
 ・乗り継ぎ割引適用

横浜から金沢へ北陸新幹線で行くとき、ふつうに切符を買った場合の運賃+料金は、指定席だと14,600円です。東海道新幹線ルートで行った場合は、横浜駅から横浜線で移動して、新幹線と特急どっちも指定席で「乗り継ぎ割引」だと15,970円。

北陸新幹線の「自由席利用時」は「はくたか」に乗った場合です(「かがやき」には自由席がありません)。
※金額はすべて2021年2月現在

横浜から金沢までおトクに行くには?

まずは、旅行会社の「フリープラン」をチェックしてみるのをおすすめします。行き・帰りの電車の切符と宿がセットになった、ツアーの一種です。「JR宿泊パック」とか「JRセットプラン」なんて呼ばれることもあります。

なんでおすすめなのかというと、他のどんな格安切符よりおトクになるケースも多いからです。電車と宿をいっしょに取れて便利なのもメリット。

「ツアー」とはいっても、添乗員とか他のお客さんといっしょに観光地やお店をまわる、いわゆる「パックツアー」とはぜんぜん違います。完全な個人旅行です。行き・帰りの電車と泊まる宿が決まっているだけで、あとは全部自由行動。旅行はもちろん、出張や受験にだって使えます。

とはいえ、おトクなだけに制限とか注意しなきゃいけないポイントもあります。自分のケースでは使えるのか、ほんとにおトクになるのかなど、しっかりチェックしてかしこく使ってください。

では、実際に旅行会社のホームページで、横浜→金沢のフリープランはいくらくらいなのか、どんな宿に泊まれるのか、行きたい日の空室があるか、などを見てみましょう。
   ↓   ↓   ↓

フリープランについてもっと詳しく!

フリープランで泊まれる金沢の宿一覧(日本旅行)

Copyright(c) 2015 金沢へ電車で行くには? All Rights Reserved.